豊胸メイン写真

トップページ > 脂肪注入の麻酔

豊胸とは

 当院では、痛みを最小限に抑えるために笑気麻酔静脈麻酔硬膜外麻酔の3種類の麻酔を併用して行っております。

 笑気麻酔とは亜酸化窒素(N2O)のことで、麻酔ガスの一種のことをいいます。

歯医者さんでよく使われており、数分でぼーっとお酒に酔ったような状態になり、当院では局所麻酔を注入する前に痛みを和らげるため、またリラックスしたいという方に使用します。

恐怖心や不安感を取り除くことで痛みを和らげる効果があります。通常3〜5分で効果が現れ、5分程度で元に戻るので安全です。

副作用は、ほとんどありませんが、長期間連続して投与した場合に、脳に影響が出ることがわかっています。通常の使用では問題ありません。

 点滴から麻酔を投与し、うとうとした状態あるいは眠った状態になります。気管に管を入れずに、自発呼吸を維持した形で行います。

 麻酔がきれるのも早く、日帰り手術には適しています。(通常当院では、手術後2〜3時間リカバリー室でお休みになって頂いております)

 当院では、脂肪吸引と豊胸手術の際に硬膜外麻酔を使用しています。無痛分娩で使われる麻酔で、背中から局所麻酔薬を硬膜外腔に投与し、硬膜外腔から出ている神経の痛みを取り除きます。

 意識が保たれたまま痛みを感じなくなります。留置カテーテルを挿入することで、薬液でき追加でき、長時間麻酔できるなどのメリットがあります。