豊胸メイン写真

ご自身が気になっている下半身やお腹から脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入します。気になっていた胸は理想通りのふくらみに、同時に脂肪がのっていた下半身やお腹 ...

ご自身の脂肪細胞を注入するので、不自然な硬さがなく、レントゲンに写ることもございません。 異物による後遺症の心配もご無用です。また、当院では手術器具を工夫 ...

傷口は目立ちにくいところを選びます。シワや線に沿って小さく傷をつくり、脂肪を注入します。傷跡は5mm〜7mm程度ですので、ほとんど目立ちません。

詳細へ一覧はこちら

症例写真は、術後2ヶ月後の写真です。 脂肪注入のデメリットは生着率ですが、成長因子剤を ...

両胸に各300ccの計600cc脂肪注入を行いました。豊胸脂肪も、ただ入れればいいというわけでは ...

今回も自分の脂肪と自分の血液の成長因子を組み合わせて、豊胸脂肪を行いました。やはり豊胸脂肪は ...

脂肪細胞の生着率を高めるため、当院では様々な工夫を行っております。FGFという薬剤を注入する事で生着率を2〜3割から5〜6割まで安定させております。

脂肪吸引は、ただ脂肪を吸引すればいいというものではありません。一人一人の体形にあわせ、不自然にならないようバランス良く吸引する必要があります。当院ではデザインに時間をかけ、どの部分をどの位取るか...

当院では手術器具を工夫し、ご希望通りの胸の形をお作りするため、微調整できるよう手術器具を厳選しております。注入時にはピストル型の器具を使用し、つまみを押すと一定量の脂肪が出る様になっていますので...

詳細へ当院のこだわり

脂肪吸引で気になるところを細く、ご自分の脂肪細胞を注入すること ...

痩せていて脂肪の少ない方、2カップ以上確実にバストアップしたい ...

手術が怖い、でも手軽にバストアップしたい方にお薦めです。

看護師が手術後の注意点、術後の経過についてわかりやすく説明致します。

内服や日常生活の注意点についてわかりやすく説明致します。術後検診のご予約をお取り致します。

術後の経過を観察致します。痛みや腫れ、困ったことがございましたらお気軽にお申し付け下さい。

術後の経過を観察致します。傷の状態により、抜糸をします。

詳細へ一覧はこちら

当院では、脂肪吸引と豊胸手術の際に硬膜外麻酔を使用しています。

点滴から麻酔を投与し、うとうとした状態あるいは眠った状態になり ...

笑気麻酔とは亜酸化窒素(N2O)のことで、麻酔ガスの一種のこと ...

どの位サイズアップしますか?

傷跡やアザは残りませんか?

脂肪注入で、きれいな形の胸にする事が可能ですか?

個人差にもよりますが、1カップから2カップ弱が目安になります。さらに大きくしたいと言う場合は3〜6ヵ月後に再手術を行います。

お胸に入れる脂肪を腹部、臀部、大腿から吸引しますが、皮膚のシワにそって、目立たない所を数ミリ切開し、丁寧に縫 合いたし...

患者様の乳腺の形、皮膚の形に合わせて自然な形のバストになりますのでご安心下さい。胸の内側に多く入れたい、胸の上の部分...

詳細へ一覧はこちら